40歳からピアノを始めました。新しいことにチャレンジする事のススメ。

何か新しいことにチャレンジしてますか?

ぼくは新しいことを学ぶことが好きです。できなかったことができるようになることに喜びを感じるタイプです。タイプとっても、みんなそうだと思いますが、どうでしょうか。

家族ぐるみで仲の良い一家が日本日本帰国ということで、家具をいくつか譲り受けました。その中の一つにピアノがありました。それはもともとその家族の子供が使っていたものですが、日本に帰ればまた良いものが買えるということもあり、また我が家の子供にもピアノを学ばせると良いかなという思いもあり、ピアノも譲っていただきました。いやあ、ありがたや。いなくなっちゃうのは悲しいですけどね、とても。

ところで話は逸れますが、2019年3月末に日本に本帰国する総数が8千人いるとの情報があります。その数字の真偽は不明なのですが、確かにこの時期は例年よりも帰国するという話をよく聞きます。

何でしょうね。就労ビザの厳格化なども影響しているのでしょうか。そういえば別の友達が、ビザが降りないから帰国になるかもみたいな事も言っていました。外国で働くっていうのはやはり簡単ではないですよね。

さて、ピアノの話。子供がピアノを楽しく学ぶかと思いきや、ほとんど興味を示さないということが、ピアノを納品した後に分かりました。しっかりした本格的な電子ピアノなんですが、自ら座って弾いてみるという事もなく、楽器といえば昔からあったアンパンマンのピアノセットでガチャガチャ音を出して遊んでるか、ぼくのギターのチューニングを狂わせて喜んでいるくらい。残念です。

まあ子供の興味がないうちは無理にやらせても楽しめないだろうし、長続きもしないだろうから、当面は子供のピアノ学習は期待しないことにしました。しかしそれでは勿体無い。プラス、ぼく自身ピアノは昔からやってみたかったということでピアノを始めることにしました。

左手と右手の指を同時に動かすと脳内がグリグリと刺激されてなんか良さそう。

楽器といえばギターはやっていた事はあります。今でもたまーに弾きますが、基本的にはコードでジャラーンと弾くくらいです。ソロの壁を乗り越えないまま25年と言った感じです。なので楽譜も読めません。でも楽器は好きです。

ピアノは初めてです。指の置き方も動かし方も分からないのです。なのでYoutubeでピアノ、初心者、などのキーワードで検索して、ヒットしたやつをみて分かりやすそうなやつを見ながら真似することから始めました。

やはり指の動かし方が大事なようで、そこからです。右手だと親指から始めて小指まで順番に一本ずつ鍵盤を弾いて、小指まで行ったら今度は親指まで戻っていく、というのを繰り返すやつです。

右手ができるだけでは足りず、左手もやらないといけません。左手の場合は小指から始めて親指まで行き、親指まで行ったら小指まで戻る、という右手とは真逆の指の動きをしていくのです。

これが難しい。右手と左手に脳から指令を送るのですが、右手の親指を動かそうと集中すると、同時に動かそうとしている左手の小指ではなく、左手の親指がつられて動いてします、というような現象が発生します。頻繁に。

これ完全に脳が混乱しているっていうのが実感できて面白いです。思い通りに動かないんです、マジで。これやってれば脳内が活性されるのはやってみると分かります。

始めは不可能と思えるこの指の動きなんですが、人間の学習能力というのはすごいもので、練習を続ければできるようになります。パソコンのブラインドタッチと同じ。始めは全くできないし、キーボードを見ながらでも上手くできないけど、練習を重ねて慣れてくるとブラインドタッチできるようになるんです。

ぼくのピアノ技術はもちろんまだまだ稚拙ではあるんですけど、練習することでできるようになってきてます。少しずつ、一歩ずつ。

学ぶことの楽しさがすぐに味わえるとものすごく楽しい。楽しいと続けられる。

始めは右手しかできなかった運指が、左手でもできるようになる。そして片手ずつでしかできなかったものが、両手同時にできるようになる。このステップアップは楽しい。まさに出来なかったことが出来るようになるという成功経験が出来ています。

こうやって楽しんでいれば、技能も上がるし、自信もつくし、楽しいし、良いこと尽くしです。壁にぶち当たりまくるのでそれはそれでストレスですけど、それを乗り越えることでまた自分の成長を実感できるのです。階段をどんどん登っていく感じ。

何か新しいことを始めるのはものすごく楽しいことです。学びが多く、自分をアップデートできます。自分を成長させること、そしてそれを実感する事は人生を楽しむための秘訣です。

あなたは最近何か新しいことにチャレンジしてますか?自分をアップデートしてますか?

歳を重ねるごとにチャレンジの機会もモチベーションも減っていくものかもしれません。

例えば仕事はどうでしょうか。例えば20年も同じ企業に勤めていれば、大体のことは出来るようになってしまうのではないでしょうか。もちろん部署異動とか、昇進とかあって少しは変化があるでしょうが、ゼロイチみたいな強烈な変化ではないでしょう。

また新しいことを始めるにはパワーも時間も必要ですが、チャレンジに充てられるリソースも創出できないかもしれません。

そのままこなれた感じで無難に過ごすのもまた一つの選択肢ですが、せっかくの人生、色んなことにチャレンジして、沢山の世界を見て経験して自分をアップデートし続けた方がシンプルに楽しめます。

できない理由はいくらでも出てきますが、そういう保守的な内なる声は取り敢えず完全に無視して、出来るためにはどうすれば良いかを考えるようにしましょう。

どうすれば新しいことに時間を割けるのか、その条件を見つけて、それをクリアすれば良いのです。

チャレンジしたいことが見つかってなければ、友達に趣味を聞き回るとか、雑誌を見て楽しそうなものを見つけるとか、サークルに入って新しい出会いを通して興味を引くものを見つけるとか、なんでも方法はあります。

とにかく新しいことにチャレンジしましょう。

自分をアップデートすると新しい世界が見えてくる。新しいチャンスが広がる。

自分にとって新しい分野にチャレンジするということは、自分の視野を広げることに直結します。

知らなかったことを知るのだし、出来なかったことが出来るようになるのです。自分の周りの環境も変わるし、周りの見え方も考え方も変わります。それは偏っていくのではなくて、世界が広がっていくのです。

世界が広がると、楽しいことに出会えるチャンスもまた広がります。そして新しい世界で活躍するチャンスも得られます。

例えば語学。英語はどうでしょうか。英語が理解できる、話せると、それだけで一気に世界が開け流というのは想像しやすいです。

海外の国に行って旅行をして、見たこともない建築物を見て、味わったことのない食べ物を食すことができます。育った文化の異なる人々と会話して、意見を交換することができます。そうやって視野が広がっていくのです。

また、英語が話せれば仕事のチャンスも広がります。海外に行っても仕事ができるようになります。日本でも英語が使えれば競争力が上がり、より良い待遇の会社に就職できます。

英語は一つの例です。視野が広がる、チャンスが広がる、自分をアップデートできるというのは、何を始めるにしてもあてはまる真理です。

ピアノだって同じです。ピアノが弾けるようになることで、ピアニストの奏でる音楽に感動できるようになるでしょう。豊かですよね。またピアノのショータイムをするチャンスに恵まれれるかもしれません。素敵な異性に好意を持たれるかもしれません。良いことしかないです。

もしも何も新しいことにチャレンジしなければ、世界はしぼんでいきます。そして変化していく環境に無頓着になり、いずれは楽しめなくなってしまうことが容易に想像できます。

さあ、あなたも今すぐチャレンジを初めてください。

英語でも、中国語でも、ピアノでも、ギターでも、ブログでも、動画作成でも、起業でも、小説でも、漫画でも、アクセサリー作りでも、なんでもいいんです。人生を豊かにするのはチャレンジですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください